40代の婚活

40代男性の婚活

40代、お金が無い低年収の男性の結婚は無理?

40代でも年収300万円代など低年収の男性は結婚できない?

コロナの影響もあり多くの業界・業種でボーナスがカットされ予定していた年収が得られない、といった方も多いでしょう。

ボーナスどころじゃない、会社が倒産して無職。なんとか再就職に成功したものの年収は下がり300万円、400万円台、という男性もいるかと思います。

40代という年齢を考えると、こういう状況でも、収入が低くても結婚したいという気持ちは諦められない・・・

低年収の男性は結婚に不利なことは間違いありません。
しかし、年収が300万円台だから結婚は無理、というわけではありません

40代、お金が無い低収入の男性が結婚するには、女性に選ばれるにはどういった点を気をつけたり改善を目指すと良いでしょうか。

女性が結婚相手に求める年収額

40代で例えば年収380万円、とすると手取り額は約300万円といったところではないでしょうか。

ボーナスありの企業であれば、月収は約21万円、ボーナスが48万円、といった支給ではと思います。

40代で年収300万円台、というと低年収というイメージが先行しがちですが金額によっては贅沢をしなければ十分に生活できる収入といえます。

では実際、女性が結婚相手に求める年収の理想額はどれくらいなのでしょうか?

マイナビニュース 未婚女性が結婚相手に求める年収、最低「301~400万円」 - 理想の金額は?

を見ると、

理想の金額は25~29歳と30~39歳では「401~500万円」(2割超)、40~44歳では「501~600万円」(22.9%)が最も多かった。

とあります。

最低の年収は301万円~400万円台、という調査結果となっていますから、40代で年収300万円台でも結婚は無理ではないと言えるでしょう。

ただ結婚相談所などに登録し、これから婚活をすることを考えた場合には、婚活は苦労することは前提に考えておいた方が良いでしょう。

女性側からの男性への希望年収で弾かれる可能性があります。

結婚相談所を利用する場合でも、少ない出会いを大切にすることが重要になります。

40代男性の平均年収

転職大手、DODAの調査によれば「男性の平均年収」は、

  • 30代で481万円
  • 40代で567万円

となっています。

ただこれも、業界によってかなり平均年収に差がありますよね。

また途中で転職して年収が下がっていたり、倒産やリストラを経験して再就職などをしていると、年齢別の平均年収に到達していない男性も多いでしょう。

平均年収は高年収の人達に引っ張り上げられていることが多いです。

結婚を考えるなら非正規社員ではなく、正社員で働くことは大前提

年収が低いと結婚は厳しくはなりますが、無理ではありません。

結婚にたいして様々な考え方の女性もいますので、あなたに合った女性がきっといるはずです。

しかし非正規社員で働いている場合には、かなり結婚は難しいと言わざるを得ません。

結婚をしたいのであれば、正社員として転職を目指すことは必須、といえるでしょう。

非正規社員=安定しない働き方

非正規社員として働く場合、同年代の正社員と比較して給料が低いです。

また非正規雇用として働く場合、雇用が安定しないというリスクを最初に感じる女性は多いでしょう。

雇用先の経営状況によって、いつ契約が切られるか、更新されないで無職になるかといった不安定さは常にあります。

今回のコロナによる影響は誰も予測できないものでしたが、こうした経営難の状況で真っ先に雇用が切られるのが非正規社員となってしまいます。

そのため、非正規社員は結婚相手には選ばない、という女性は多いです。

結婚相手として、非正規雇用だと親に紹介しにくい

結婚を考える以上、結婚相手を親に紹介することになるでしょう。

その際、

こちらは派遣社員で働く○○さん、結婚しようと思っているの

とは言いにくいですよね・・・

きっと、ほとんどの親御さんは非正規社員の男性に娘を嫁に出すのは反対するでしょう。

その大きな理由は、非正規雇用の働き方は経済的に安定しない働き方だからです。
(今の時代、正社員だから安定ということもないですが、非正規雇用はさらに不安定といえます)

非正規社員の男性は出産・子育てする時の経済力が不安

結婚して子供が欲しい、となると結婚するときに共働きで稼いでいた女性も、妊娠・出産の時には休職するか、退職するケースも多いです。

妊娠・出産、育児などのタイミングで女性が一旦退職をすると、キャリアが滞る可能性があります。

再就職が難しい女性も多いですよね・・・

そうした女性の経済力が期待できなくなった時(収入がなくなった時)、非正規社員である男性のみの収入では生活が成り立たなくなる可能性があります。

結婚を目指すのであれば、非正規社員の男性は、まずは正社員として転職を目指すといったことが必要となってくるでしょう。

結婚後の生活は共働き、と考えている女性も多い

40代で平均年収よりも少ない稼ぎの男性、低年収のの男性が結婚相手として狙うべきは、結婚後の生活は共働き、と考えている女性でしょう。

もし子供が授かり出産した後も共働き、パートやアルバイトをして稼ぐことは必須といえます。

子供が成長するとともに出費も増えていきますからね。

扶養内で働く場合でも、奥さんのパート収入は非常に家計にとって大きな金額といえるでしょう。

結婚後の生活を、一緒に家計をやりくりできることを楽しめる女性だと良いですね。

年収にこだわらない女性を探す

結婚相談所を利用することで、男性の年収にこだわらない女性を探すことができます。

ただし40代の男性は、若い女性との出会いを期待しないことが必要です。

結婚したら子供が欲しい、と考える男性は30代前半までの女性とのマッチングや出会いを希望する方が多いですが、30代前半の女性はわざわざ40代で年収が低い男性との出会いは求めていないでしょう。

同年齢の女性、つまり40代女性との出会いと中心としてお考えになることをおすすめします。

40代で結婚相談所を利用する女性の多くは、仕事を持ち経済力があります。

ある程度の婚活歴がある女性の中には、年収に対してのこだわりを持たないようになっている方もいます。
それこそ、共働きで生活するから大丈夫、といった考えの女性もいるでしょう。

婚活の方法はいくつかありますが、年収にこだわらない女性を探す方法としては、結婚相談所がベストといえるのではないでしょうか。

年収以外の魅力をアピールすることで、成婚を目指すことができます。

中にはDINKS希望の方もいると思います。

そうした希望も結婚相談所であれば、婚活アドバイザーに相談しながら、お相手を探すことができるメリットがありますね。

40代、お金が無い低年収の男性の結婚は無理ではありません

以上のように、40代で低年収の男性の結婚は無理ではありません。

正社員として職があり収入を得ていること、自分で当てがないのであれば、結婚相談所など婚活をサポートしてくれるサービスを利用して女性と出会うきっかけをつくりましょう。

その際、年収にこだわらない女性に対して、年収以外の魅力を磨きアピールすることで結婚に至ることができるかもしれません。

住む場所によっても家賃などの家計費も変わってきますね。

例えば、40代で年収350万円。

自分では年収が低いと思っていても、そこまで低年収と思っていない女性もいるかもしれません。

お金よりも価値観が合うこと、生活に癒やしがある、落ち着くことを求める女性も多いです。

そうした女性との出会いをサポートしてくれる、結婚相談所などをぜひ活用して婚活をしてみてはと思います。

-40代男性の婚活
-,

© 2020 40代 結婚するには