40代男性独身

40代男性の婚活

40代 独身男性は悲惨

40代で独身男性は悲惨です。

先日、44歳になりました。

年齢が44という数字すら悲惨に感じてしまうのは何故でしょうか・・・
ただの年齢なんですが。

思えば私の人生は10代、20代の頃からうまく回っていませんでした。

大学卒業時は就職氷河期、新卒で正社員就職ができずにフリーターとなり、契約社員、フリーター、派遣など働き方を転々として正社員としてやっと就職できたのは30歳を過ぎてから。
小さな会社でした。

薄給のために結婚をしたいとは思いつつも恋愛も積極的になれず40代に。

高齢の親からも散々結婚について小言を言われていましたが、40代になってからは諦めたのか言われなくなり・・・言われなくなってからの方がなんだか申し訳ない気持ちが強く、やっぱり婚活しようかなと思っています。

40代独身男性の生活は悲惨です。

生活が悲惨ではない40代、独身を謳歌している40代の方もいるかもしれませんが、お金がない40代独身男性は悲惨です。

40代の独身男性は本当に悲惨

あまり今までは独身でいることが悲惨とか思っていませんでした。

ずっと独身で良いかとも思っていたくらいです。

家族がいれば自分の時間よりも、家族のために時間を遣う必要がありますし、お金も同様ですよね。

自分で稼いだ給料なのに、お小遣い制になるとか意味分かりません。
(たぶん、私の給料だと月のお小遣いも悲惨な金額になりそうです)

自分で稼いだお金は、好きに遣いたい。
気ままに旅行にも行きたいですし、好きなものを食べたい。

といってもそんなにお金に余裕があるわけではないので、旅行と言っても近場で1泊温泉旅行といった感じです。

しかし最近は50代が見えてきたせいなのか、そうした日々も急に味気ないものに思えてきました・・・。

誰とも旅行の感想、美味しい食べ物を食べても分かち合えません。

最近感じる、40代の生活で悲惨だと思うことを書き出してみます。

休日、全く喋らない

休日、昔はそれなりに出かけたりしていたものですが、

「最近は一人で出かけても・・・」

と思う事も増えてしまい、食料を買いにコンビニに行く、スーパーに行くくらいしか休日は出ることがなくなりました。

家に一人でいると、声を発することはほとんどなくなります。

1日喋っていないため、休み明け、会社に行って話す時になんとなく話しにくいと感じることもあります。

休日に全く家から出ない(体力低下)

休日、食べるものがある場合には、家から出ないこともあります。

家に一日中いると、基本的には座っていますから身体を動かさないです。

こうした毎日を過ごしていれば、確実に足腰が弱りそうです。

40代を過ぎ、50代、60代になればなおさら不安になります。

人間関係が希薄になっていく

平日は仕事がありますからまだ良いです。

朝起きて会社に行き、軽い残業を終えて帰宅。
残業しない同僚も多くなりました。

会社で同僚と雑談はすることはあっても、短時間。

最近は会社で飲みに行くこともなくなり、まっすぐ帰宅。

40代、友人はほとんど結婚していて子どもがいますから、一緒につるむことはありません。

誘っても来ないですし、気まずくなるのもいやなのでいつしか疎遠に。

独り身がしょっちゅう遊ぼうと旦那を誘っていたら、奥さんも嫌がりますよね。

会社の同僚とは当然ながら職場だけの付き合い。

帰ってきてからは当然一人です。

人間関係が薄くなっていくのを感じます。

40代、さらに残りの人生を考えて気が滅入ってしまう

こうした考えになる日は特に気持ちが落ち込んでいるのかもしれませんが、40代の残りの日々、さらに人生の残りもこうした特にやることが無い休日、退職したら毎日特になすべきことも無い日が続くのかな・・・と考えてしまい、気が滅入ってしまいます。

40代は加齢によって男性ホルモンが低下、うつ状態になりやすいともいいます。

独身でうつ状態になると大変です。

仕事も続けられなくなるでしょうし、自分でメンタル面には気をつける必要がありそうですね。

とはいっても、そうしたことを考えること自体が気が重いです。

出かけて忙しくするのが良いのでしょうけれど、一人で出かける予定を考えるのが辛い、という悪循環があります。

40代で独身男性は悲惨。でも年齢を重ねるほど結婚が難しくなる

40代になり、急に独身でいることが辛い・・・と感じることが多くなってきました。

まだ間に合うかな?そのためには行動しなくては、とも思います。

しかし、不安要素もあります。

年齢を重ねるほど、結婚が難しくなるという理由でもあります。

いくつか、私も当てはまっているものがあるので、なんとか加齢に抗いたいと思っています。

40代は容姿の変化が大きい

30代と40代、やはり容姿の変化は大きいと実感します。

肌もかさつくことが多くなってきましたし、ほうれい線も深くなり、おでこもしわが増えました。

髪の毛も若干、薄くなってきました・・・

お腹も下っ腹がぽっこり出てきて、といったことがこの数年ですね。

年齢を重ねると、仕方のないことかもしれませんが容姿の変化は大きいと思います。

モテない理由にしてはいけないのですが・・・

年齢とともに結婚への焦りが強くなる

逆に結婚を諦める人もいるかもしれませんが、結婚への焦りが強くなる方もいるでしょう。

その焦りが女性に伝わると、やはり失敗しやすいといえます。

両親、親類からも、そろそろ何も言われなくなる年齢かもしれません。
そうなると、かえって辛い気持ちになりますね。

気を遣って言わなくなったのかな・・・?
と。

プレッシャー、焦りによってますます結婚が遠のく、といった結果になりやすいです。

趣味に時間、お金を費やしてしまう

40代にもなれば、社会人としてキャリアを積んできた場合には、それなりに経済力もあるでしょう。

自由にお小遣いとしてある程度、お金が遣える場合には趣味に注ぎ込んでいる方も多いのではないでしょうか。

お付き合いする女性にも同じような趣味、もしくは理解を求めがちです。

結婚して趣味のお金、時間がなくなるのは辛い、とも考えてしまうと結婚が難しくなってしまいます。

自由を満喫しているほど、結婚してそれが無くなるのが辛いを思ってしまったりします。

そうなると、結婚は難しいですね。

男性の4人に1人が生涯未婚の可能性。生涯未婚率

生涯未婚率、という数字があります。

生涯未婚率とは、「45-49歳」と「50-54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものだそうです。

50歳になっても結婚していない人は、もう結婚する予定が無いと考えることができる、ということで・・・

もう私も生涯未婚率に入る年齢が近いんだな・・・と思ってしまいました。

2019年、最新の生涯未婚率のデータは男性が23.37%、女性が14.06%です。

国勢調査の結果が基になるということですから、近くまた最新の生涯未婚率が出てくるのでしょうね。

生涯未婚率は近年、上昇を続けています。

2040年には生涯未婚率の予測値として、男性が29.5%、女性が18.7%と出されています。

男性の約3人に1人が生涯未婚ということに。

ますます男性の結婚が難しくなりそうです。

婚活をするなら早めが良いのでしょうね・・・。

30代、40代の利用者が多い結婚相談所

ずっと独身でいたい、ということはないです。

昔は恋人もいたことがありましたし、結婚を考えないでもありませんでした。

ただ、タイミングが合わなかったというか。

40歳を過ぎた頃は仕事も忙しく、恋愛とか結婚について全く考える余裕もなかったというのが実際のところです。

でも44歳になり、ふと寂しいというかそういう瞬間が増えてきました。

この悲惨な40代の日常を抜け出す方法は、一つかなと。

このまま老後を迎えのも辛いです。

なので意を決して結婚相談所への登録を考えています。

利用するのは30代、40代女性の利用が多い結婚相談所が良いのではと思っています。

結婚相談所「IBJメンバーズ」

例えば、調べてみた中で30代、40代女性の利用が多い結婚相談所は、

IBJメンバーズ

IBJは会員数が業界最大級、というのも惹かれます。

会員数が多いということは、それだけ地域にも利用している人が多いはずです。

成婚率も高いので、真剣に利用を検討中です。

同じように40代半ばや、40代後半で結婚をお考えの方は検討されてみては?と思います。

-40代男性の婚活
-,

© 2021 40代 結婚するには